介護求人において最も重要な資格は介護福祉士のです。国の政策においても今後の介護に従事する人が目指すべきものとして推奨されています。介護の仕事は法律的には誰にでも行うことができます。実際には初任者研修を終了し、修了証をもらえば仕事を行うことができるようになります。しかし、実際の仕事内容は簡単なものではなく、専門的な知識や技術が必要なのです。そのため、不十分な知識や技術で介護が行われているというのが現状なのです。多くの人が介護福祉士の取得を目指し、知識や技術のレベルが向上することが望まれます。取得するためには二つの方法があります。一つ目は育成する養成学校で学ぶことです。多くの専門学校や短期大学、大学などがあるので、そこで所定の単位を修得し卒業することでなることが出来ます。もうひとつは実務経験をつんで国家試験を受ける方法です。必要な経験年数は3年です。3年の経験をつみ、毎年1回行われる国家試験に合格することで取得できます。筆記試験と実技試験があり、筆記は1月に、実技は3月に試験が行われます。合格発表は3月です。取得することが出来ると大きな自信になります。また、仕事の中での幅が広がるようになります。また取得すると職場においてもいなくてはならない存在になることが出来ます。施設では法律的に配置が義務付けられているからです。そのため、資格手当などによる待遇の向上や責任ある立場を任せてもらうことができるようになります。転職の際にも多くの求人を見つけることが出来ます。

Tags : | add comments

介護の求人の需要が大きくなり、多くの求人が出されていますが、介護の仕事は無資格でも行うことができるのでしょうか。法律的には行うことができます。しかし、実際には知識や技術がないと利用者に怪我や転倒をさせたり、感染症を広めたりと大きな問題になる可能性があります。そのため、多くの人は研修を受けたから、職業につくことになります。以前はヘルパー2級が入門的な資格とされていました。しかし、政府により今後は初任者研修が入門的な研修とされました。そのため、介護の仕事を行いたい人は、まず初任者研修を受ける必要があります。初任者研修では、介護に必要な知識や技術を勉強します。最後に修了試験を受け、合格することで修了証をもらうことが出来ます。修了証をもらうことで仕事を始めることができるようになります。この仕事は多くの経験が必要な仕事です。そのため、仕事についてからも、学ぶことが多いです。有資格者や先輩、他職種の人たちと仲良くし、色々なことを吸収することが必要です。最初は肉体労働で、きつく感じるものですが、介護方法などが上手になってくると同じ仕事でも楽に行えるようになります。また、利用者と適切な人間関係を築くことができれば、楽しくコミュニケーションをとりながら仕事が出来るので、仕事が楽しくなってくるはずです。利用者は人生の先輩方であり、正しく接すれば優しくしてくれます。悩んでいる場合には相談してみましょう。相談にのってくれます。

Tags : | add comments